She is happy that thinks she is so. 自分が幸せだと思う人は幸せである。『幸不幸は心次第』。毎日小さな"happy"を見つけたい。~ついに幼稚園児の母になりました♪~

This Category : 妊娠出産 その他

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妊娠・出産費用まとめ? 検診代

2007.09.30 *Sun

まだ妊婦です。。。
とうとう予定日まであと数時間となってしまいました?
サイドバーに表示させているBABYSTROLOGYは、予定日が過ぎたらどうなっちゃう
んだろう??
雨のせいもあってテンションは下がりっぱなしです。
チビ助くん、そんなに出てくるのがイヤなのかなぁぁ。。。
ほんと、さすがに待ちくたびれました!はぁ。

明日はとうとう、また検診。
全く兆候が見られなければ、帝王切開の話も進みそうです。
初産は予定日より遅れるとよく聞くのでもう少し猶予が欲しい気もするけれど、
高齢出産のせいか病院側はあまり悠長に待ってくれない感じです…。
それならそれで今みたいに、朝起きて『あぁ今日も何もなかった…』とガッカリ
することもなくなるのだけれど。
(陣痛は夜or早朝に始まる気がしているので、朝目覚めていつもガッカリ。)
でもいざとなると、帝王切開もやっぱり怖い??
怖いといえば陣痛だって怖いんだけど!!
明日検診に行くのがとーーっても気が重いです。。。

唯一の救いといえば、きっとベッド満床の時を避けて手術日を決めるだろうから、
希望の個室に入れるといいなぁと。
今日、母親教室で仲良くなった同じ病院のプレママさんが入院したらしくメールが
届き、混んでるよ?との情報だったのです。
そのプレママさんは陣痛が弱いらしくて一時帰宅になりそう…とのことだったん
だけど、どうなったのかな。
無事に産まれていることを祈ります☆

********************************************************************

さてさて。

ネタ切れしたから…というわけではなく(笑)、妊娠・出産に関する費用のことを
いつかまとめておきたいと思っていました。
妊娠が発覚した当初、これから幾らくらいのお金が必要なんだろう?と思ったことが
あったので。。。

今回はまず、病院に支払ったお金=検診費用編です。
(出産費用はまた別途。…だってまだ出産してないしぃ??涙。)
個人差・地域差(病院差)があると思うので、一概には言えないかもしれないけれど
少しでも参考になれば?と思い実際の金額をズバリ載せてみます。
妊娠初期の方は今後の心の準備?に、妊娠中期後期の方は、ご自身の検診代と
比べて一喜一憂してくださいませ?(笑)


1回目( 4週): ¥ 6,500    ⇒初めての病院。妊娠しているかどうかの検査。
2回目( 5週): ¥ 2,000    ⇒胎嚢確認。
3回目( 7週): ¥ 2,000    ⇒心拍確認。
4回目( 9週): ¥10,390    ⇒血液検査・風疹、HIV検査等諸々
5回目(13週): ¥ 650     ⇒この日からいわゆる“妊婦検診”。妊娠前期分の無料券を
                   使用したので支払ったのはエコー録画用ビデオテープ代のみ。
6回目(17週): ¥ 4,500    ⇒基本的な妊婦検診費用はこの金額みたい。
7回目(21週): ¥ 4,500    ⇒性別判明(検診内容には関係ないけれど?)
8回目(25週): ¥ 2,320    ⇒ついにウテメリン服用。この日に後期分の無料券を使ったん
                   だったっけなぁ?じゃあこの金額は?不明…
9回目(28週): ¥ 5,570    ⇒この日もウテメリン代金含む。
10回目(30週): ¥ 4,500   ⇒検診が2週間ごとに。
11回目(※) : ¥ 3,400    ⇒検診ではなく横位・逆子疑惑で病院へ。
12回目(32週): ¥ 5,070   ⇒貧血検査あり。
13回目(34週): ¥ 4,500   ⇒特に何もなしだとこの金額。
14回目(36週): ¥ 7,060   ⇒検診が毎週に。内診あり、細菌検査?あり。
15回目(37週): ¥ 5,070   ⇒内診あり。
16回目(38週): ¥ 6,070   ⇒内診あり。NSTあり。
17回目(39週): ¥ 5,070   ⇒内診あり。

合計 ¥79,170

こんな感じです。(明日もまた検診がありますが。)
もうこんなに大金を支払っていたんですね??
どうりで家計のやり繰りが最近難しいはずです。
一ヶ月に一度の検診くらいならまだいいんですが、毎週はツライ!!
私が住んでいる市では、前期後期の2回分の無料券にプラスしてあと5回分が無料に
なります。
市内の病院に通っていれば現金を支払う必要はないのですが、市外の病院のため
後精算になります。
いつの分でもいいので5回分の領収書を持って行けば返金してもらえるので、もちろん
高額だった分にして約35,000円ほど戻ってくる予定。ありがたい??
この辺はきっと住んでいる地域によって差がありそうですね。
いろいろな方のブログを読んでいると、病院の駐車場代が別途必要だったり、交通費が
かかる方もいるだろうし、病院に支払っていなくても必要な実費もありますよね。
やっぱりお金がかかる?
かといって、検診に行かない妊婦さんもいると聞くとビックリだし不安で私には
あり得ないしなぁ!
でも産んだ後の方がもっとお金がかかるんでしょうね???

次回(がもしあれば)は、ベビー用品や入院準備品にかかったお金をズバリまとめて
みたいと思います。
今夜あたりに陣痛が来て、それどころじゃなくなっちゃった!というのが理想なんだ
けどなぁ。








チビ助くんが産まれるまで1位が持続できるかな??応援ありがとうございます☆ 

ランキングを励みにしています。クリックよろしくお願いします。↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
 
スポンサーサイト

出生前検査について。

2007.06.07 *Thu

今日は重いテーマです。
(興味の無い方やそういう気分じゃない方は遠慮なくスルーしてくださいね。)


私は来週には24週で7ヵ月に入るので、出生前検査の対象期間を過ぎています。
結論から言うと、トリプルマーカー検査も羊水検査もどちらも行いませんでした。
このことはダンナくんとも相談した結果ですし、迷いも後悔もありません。
考え方は十人十色でしょうから、一概にどうするのがいいか言えることでは
ありませんが、私自身は納得しています。

だから今さらここに書くことではないかなぁ?と思っていました。
非常に繊細な問題だと思うし、軽々しく意見が言える立場ではないし、安易に言葉に
してはいけないような、タブーな話題の気がしていました。
書いた後の反応や批判が怖い気もしました。

でもこれから先、何がどうなるか分からない、もしかしたら検査を受けなかったことを
後悔する日が来るかもしれない。
そう思って、今の気持ちを書き綴っておくことにします。

出生前検査についてはこちらを参考にしてください ↓↓↓
http://www.babycom.gr.jp/birth/shin/osan4.html


私が(私たちが)検査を受けないと決めた理由は、
・結果が白黒はっきりしないこと、確率の問題でしかないこと
・金額が高いこと
 (高いのに、確率的な結果しか分からないのでは不安をお金で買うようなもの?)
・羊水検査の場合は、母子ともに危険が及ぶ可能性が少しではあるがあること
・万が一、確率が高かったとしてもお腹の赤ちゃんを諦めるという選択肢はない
という点です。

もし、事前に異常が見つかってお腹の中にいる間から治療が始められるならば、
受けていたかもしれません。
(もしかしたらそういう類の検査結果も出るのかもしれません。)

私はこう見えても?あれこれ考え過ぎるほど考えて心配してしまう性格ですし、
ネット好きなので気になることはとことん調べてしまいます。
(特に今は時間がたっぷりありますし…)
なので、少しでも良くない結果が出たら、残りの妊娠生活をずーっと悩み心配し
続けてしまうと思います。
結果が『黒』と(なんか白黒の言い方も嫌ですが…)はっきりしているので
あれば、今のうちから心構えをしてできるだけの準備ができるかもしれません。
でもそう気持ちを切り替えるには時間がかかると思います。
でも、結果とは違って、実際に産まれてみたら何の障害もなかった…とはよく聞く
話です。
検査に検査を重ね心身ともに疲労し、やっとの思いで覚悟を決めて、実際に
産まれたら全く障害はなく… 納得がいかずによくよく調べてみたら病院側の
検査ミスだった…そんな話を読んだこともあります。
まぁそれもごく一部の話かもしれませんが、せっかくの妊娠生活をそんな風に
過ごしたくはないな、と思いました。


私は先月36歳になりました。高齢出産です。
結婚したのが昨秋で35歳だったので、結婚した時点で高齢出産は免れなかったし、
結婚して割と早くに妊娠できたことを感謝しています。
ダンナくんとは知り合って二年半で結婚したので、そう時間がかかったわけでは
ないですし、ダンナくんと知り合うまでは結婚したいと思える相手に出会い
ませんでした。。。
その当時はよく「私はもしかしたら一生結婚しないかも」と口にしていました。
何となく、でも本気でそう思っていたんですよね。
もしくは、結婚はいくつになってもできるけれど、子供はもしかしたら無理かもなぁ?
とも。…何となく覚悟してました。

それが不思議なもので、今こうやって何とか無事に7ヵ月を迎えようとしています。

35歳から高齢出産とされますが、35歳と34歳でそんなに大きく変わるのか?という
気持ちもあります。
そんな線引きは必要ない気もします。
でも医学的に統計的に考えたらやっぱり、高齢になればなるだけリスクが高くなる
ことは紛れもない事実なんだろうな。
それは受け止めなければいけません。。。

もっと若いうちに結婚して妊娠していれば、今よりは不安の要素が少なかったかも…
とはよく思います。
でも相手がいなかったんだから仕方がない(笑)!
今は、努力して何とか今の若さ?を保ち、高齢ならではのお母さんになれると
いいなぁと思っています。
そして、自分自身の「産む力」とお腹の赤ちゃんが健康に「産まれてくる力」を
信じたいと思います。。。





だけど・・・



READ MORE

病院のこと。

2007.06.02 *Sat

さっき、途中まで書いた記事が消えてしまいました??
結構長く書いていたのでショックです…。
やっぱりまめに保存しないとだめですね。。。




気を取り直して。

今日は私が通っている病院のことを書きます。

私はいわゆる“個人産院”に通っています。
高齢出産なので総合病院の方が何かと安心かな?と思いましたが、大きな病院は
機械的・流れ作業的なイメージが強かったので(私の勝手な想像です…)
とりあえず個人産院に行ってみて、転院を勧められるようだったら考えればいいかと
思っていました。

結婚を機に今の土地に引っ越してきたので、どこに産婦人科があるのか全く
分かりません。近所に同年代の友達も知人もいません。
とにかくネットで調べまくりました。
参考にしたのは、実際に通った・出産した方のクチコミ情報。

誰もがそうだとは思いますが、初めての妊娠なので、出産に対して知識も無く
出産方法に関しても特に希望がありませんでした。
というより、何も知らなかった…。
なので、家から通いやすくて、そこそこキレイで設備もちゃんと整っていて
明るい雰囲気の病院だったらいいかなぁ?程度の基準でした。

私が住む市内には古そうな産院しか見当たらなかったので、近隣の産院も調べ、
隣の市にある、車で30分圏内にある二つの個人産院に絞りました。
どちらのHPもじっくり見てみましたが、一方はアットホームな感じ、もう一方は
プチホテルのようなおしゃれな病院。
HP上の建物の外観写真や院内の様子を見るとプチホテル風病院に惹かれ
ます…。(待合室にはなんと暖炉まであるようでした!)
LDRが原則のようで、その時に初めてLDRという言葉を知りました。
(LDRとは→ http://baby.goo.ne.jp/member/ninshin/jiten/1/04.html
でも若干、家から遠いこと・基本的には先生一人でやっていてこじんまりとして
いること・『出産費用が他より高め』とクチコミが載っていたことが引っかかり…。
もう一方のアットホーム病院は車で約15分と近め、先生も数人いるし、新館を
増設して部屋数が増えたばかり、産前だけでなく産後のケアやイベントも豊富な
ことも人気の理由のひとつのようでした。

実際に行ってみないことには雰囲気は分からないので、ひとまずこのアットホーム
病院に行ってみて、何か不都合があれば別のところに変えればいいか?と安易な
気持ちで決めました。

そして今もそのままそこに通い続けています。




長くなりそうなので追記にします。


READ MORE

プロフィール

pikora

Author:pikora
-----------
初めまして。
愛知県在住、今年ついに40代に突入の高齢ママです。
ひとり息子(チビ助)はこの春から幼稚園スタート!ドキドキハラハラの新生活が始まりました。
日々成長する息子に負けないように、前進あるのみ!

お気軽にコメントしてくださいね。



いくつになったの

*script by KT*



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



いつもお邪魔しているブログ♪

このブログをリンクに追加する



ご訪問感謝しています!



ご訪問感謝しています!

現在の閲覧者数:
無料カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールはこちらへ♪

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
Copyright © She is "HAPPY".~まいにちがたからもの~ All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふわふわ。り  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。