She is happy that thinks she is so. 自分が幸せだと思う人は幸せである。『幸不幸は心次第』。毎日小さな"happy"を見つけたい。~ついに幼稚園児の母になりました♪~

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母親教室へ。

2007.08.28 *Tue

朝晩は少し涼しくなりましたが、昼間はまだまだ暑いですね??
でも8月も今週で終わり。
妊娠9ヶ月も今週で終わり。
来週からいよいよ“臨月”かぁ。。。


土曜日、ダンナくんと一緒に産院主催の母親教室に行ってきました。
産院主催のものは前期・後期に一回ずつの計二回。
でもどちらも月一回の土曜日開催だったので何かと予定が合わず、前期の
母親教室には参加できませんでした。
今回行ったのは、後期母親教室です。
対象は、出産予定日まで約一ヶ月のプレママさんたち。
一ヶ月前に入院説明等を受けるのはちょっと遅いのでは?という気もしましたが、
産院側で決められたスケジュールのようです。

土曜日開催なので、てっきり皆さん夫婦で出席されるものだと思い込んでいたの
ですが、念のために確認してみると、「お母さんだけで出席される方がほとんど
ですよ、チラホラご主人がみえる方もいますが、一割程度です」とのこと。
あらら。
ダンナくんに伝えると、意外にも、それでも「行く」とのこと。頼もしい!
でも実際に行ってみると、思ったよりもたくさんの方が夫婦で出席されていました。

前半は、助産師でもありマタニティヨガの講師でもある院長夫人の話と妊婦体操の
紹介と呼吸法の練習。
あ、出席者ひとりひとり自己紹介もしました。
この産院は地元では有名で割と人気があるのですが(他にいい病院が少ない
せいもあるんでしょうが…)、その大部分はこの院長夫人先生のカラーによる
ものだと思われます。
まぁ、人によって合う合わない・好き嫌いはあると思いますが、話を聞いていると
だんだん「この人を信じてがんばろう」という気になってしまいます(笑)!
私もすっかり洗脳されています…(笑)!
でも他の助産師さんが院長夫人のことを「奥様」と呼んでいたのが気になりました。
奥様、って、昼ドラの女主人と家政婦みたい!?
(見た目もなんだかそんなイメージ。)
私たち妊婦に対する態度はとても優しいのですが、産院スタッフには厳しそうな気も。。。

後半は別の助産師さんからの入院説明と院内見学。
入院時に準備するものの説明もありました。
産院側でそこそこ用意してくれるようですが、自分で準備するものも多いです。
それに、当たり前ですが、産院側が用意してくれるものも有料で『分娩セット』と
いう形で買うことになるようです。
細かいものは自分で準備するのも何がいいのか分からないので、産院にお任せ
した方が安心ですけどね。
退院時の会計、結局のところは幾らくらいになるのかなぁ?

院内見学はとても興味深かったです。
本館と新館がありそれぞれに入院部屋があるので、部屋タイプは様々です。
ちゃんと数えていないけれど、全部で十数室ありました。
産院のHPやパンフレットには個室しか載っていませんが、4人部屋もひとつありました。
和室が付いたファミリールームや、ツインベッドのデラックスルームにも惹かれますが、
上に子供がいるわけではないし贅沢なので、新館のスタンダードタイプの個室が希望です。
特に事前予約をするわけではなく、入院当日に空いている部屋から選ぶ仕組みらしいので
(希望に添えない場合は途中で空き次第変わることも可能)、うまく空きがあることを
祈ります…。
驚いたのが、その見学の際に、皆さん入院中にも関わらず快く部屋の中を見せてくださった
こと。
土曜日の午後だったので、赤ちゃんとダンナ様と3人でくつろいでいるママさんも…。
私が入院している時にも見学の方がみえたりするのかなぁ?

ちょうどお産がなかったようで、陣痛室・分娩室も見ることができました。
その時は「ふーん、こんなところなんだ」としか思っていなかったのですが、後から
思い出す毎にお産当日のことがリアルに想像できてしまって、ドキドキ感が増しています。
あそこで陣痛と戦うんだなぁ。。。と。
ちょっと生々しい。
陣痛室にはベッドが2台並んでいて、お産が重なった時はカーテンで仕切られるそうですが、
カーテンなので声は丸聞こえ。
隣で苦しむ声が聞こえてきたら、自分はかえって冷静になってしまうのか、さらに痛みが
増すのかどっちだろう?
それとも隣の様子なんて気にしている余裕はないのかな。

新生児室では、早産で低体重の赤ちゃんが保育器に入っていました。
小さかったけれど元気に手足を動かしていて、とても可愛かったです。
ダンナくんと何度も『可愛いね??』と見ちゃいました。
母子同室なので、新生児室にいたのはその赤ちゃんだけ。
ちょうど退院していく赤ちゃんにも出会い、新生児の赤ちゃんの小ささ、可愛さを目の当たり
にしました。
なんだか、本当にいよいよなんだなぁ?としみじみ思います。

あと、どこの産院でも当たり前なのかもしれませんが、無料で使えるランドリーがあって
自由に洗濯できるのがよかったです。
まだまだ暑い時期だと思うので、下着やタオル類などマメに洗いたいですよね。
洗い替えをたくさん持って行かなくちゃと思っていたので助かります。

最後は個別の質問タイムとなり、お土産にジュースとお茶をもらって帰りました。
院内の様子がよく分かったので、市主催の母親教室の内容とはまた違った良さがありました。
ダンナくんにも当日の心の準備が少しできたようです。

妊娠して前半は『無事に順調にお産当日まで辿り着けるだろうか…』、後半は『ちゃんと
育児ができるだろうか、何が必要だろうか』ということばかり考えて過ごしていたのですが、
いよいよお産当日が気になり始めました。
準備するものも、リストにある必需品以外に何があると便利なのか、あれこれ考えています。
飲み物、ペットボトルストロー、気分転換できそうな雑誌、いつも使っているマッサージクリーム、
等…。
めがねやコンタクト容器も忘れないようにしなくちゃ。
私はコレを持って行くよ?!というのがあったらぜひ教えてください。


あぁ?ちゃんと頑張れるかなぁ??!











ランキングを励みにしています。クリックよろしくお願いします。↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
 

スポンサーサイト
CATEGORY : 妊娠9ヶ月

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

プロフィール

pikora

Author:pikora
-----------
初めまして。
愛知県在住、今年ついに40代に突入の高齢ママです。
ひとり息子(チビ助)はこの春から幼稚園スタート!ドキドキハラハラの新生活が始まりました。
日々成長する息子に負けないように、前進あるのみ!

お気軽にコメントしてくださいね。



いくつになったの

*script by KT*



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



いつもお邪魔しているブログ♪

このブログをリンクに追加する



ご訪問感謝しています!



ご訪問感謝しています!

現在の閲覧者数:
無料カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールはこちらへ♪

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © She is "HAPPY".~まいにちがたからもの~ All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふわふわ。り  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。