She is happy that thinks she is so. 自分が幸せだと思う人は幸せである。『幸不幸は心次第』。毎日小さな"happy"を見つけたい。~ついに幼稚園児の母になりました♪~

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書三昧。

2007.06.10 *Sun

妊娠してからよく図書館を利用するようになりました。
もともと本を読むのは好きですが、波があって、全く見向きもしない時も…。

最近の私は、パソコンをしているか、読んでいるか(マタニティ雑誌・通販雑誌の
時もあり)、寝ているか、食べているか…といった感じ(笑)。

妊娠発覚直後は、行動の自由が制限されたことへの焦りもあって、なんとなく
自分の世界が狭まる気がしていました。
私には独身、または結婚してもまだ子供がいない年下の友人も多かったので
その友人たちとの間に溝ができるんじゃないか、私はそうは思っていなくても
相手がそう思うんじゃないか…と気にしていた時期がありました。
実際、自由に出かけられる機会は減ったわけだし。

だから変に自分の世界が『妊娠・出産』一色に偏ってしまわないように… などと
思っていたこともありました。

でも実際は、自分の興味の矛先は『妊娠・出産』一色になってしまったんですよね(笑)

本屋さんで手に取る雑誌にしても、図書館で借りる本にしても、妊娠前とは
明らかにジャンルが変わってしまいました。
実家に帰った時に一度、妹に“姉キャン”を見せてもらったんだけど…
ちっとも面白くなかった(笑)
姉キャンに載っているような服は今は着られないんだから、当たり前だけど。
(それ以前に年齢的にもう無理だけど。)

お腹が大きくなる前も、私が図書館のカウンターに差し出す本は「初めての出産…」やら
「○○出産体験談」とか「赤ちゃんの××」とか、『あぁこの人妊娠してるんだな』と
丸分かりのラインナップでした。
(図書館の方はいちいちそんなこと考えてないかもしれませんが。)

図書館って便利なもので、本を買うとなると失敗しないように吟味して買うけれど、
図書館だと手当たり次第に借りてみて、つまらなかったら途中でさっさとギブアップ。
2週間で10冊借りられて、最近は2週間ごとに必ず出かけているので平日にだいたい
1日1冊のペースかな。
今まで読んだ本を全部、何かにメモしておけばよかったかなぁ?

私がよく借りる本は、『育児書』っぽい、どこかのエライ先生が書いた教科書の
ような本ではなく、誰かの体験談だったり有名人の妊娠・出産エッセイが多いです。
いつもは気軽に、手軽に、さらっと読める感じのものが多いんだけれど、今週は
大作に(私にとっては)チャレンジしてみました。


この3冊です。。。

16週―あなたといた幸せな時間 16週―あなたといた幸せな時間
向井 亜紀 (2001/02)
扶桑社

この商品の詳細を見る


プロポーズ―私たちの子どもを産んでください。 プロポーズ―私たちの子どもを産んでください。
向井 亜紀 (2002/09)
マガジンハウス

この商品の詳細を見る


会いたかった―代理母出産という選択 会いたかった―代理母出産という選択
向井 亜紀 (2004/01)
幻冬舎

この商品の詳細を見る



続けて一気に読み上げました。
残念ながら、今年になって出版された一番新しい『家族未満』は貸し出し中だった
ので、予約してきました。

感想は…
読んでよかった。

今読んでよかった、知っておいてよかった、という感じです。


向井亜紀さんの件は本がドラマ化されたものを見たり、マスコミの報道を見たり
して気にはなっていましたが、自分が知っていたこと… 特にマスコミで報道されて
いることなんて、ほーんのごく一部でしかないんだな、と思いました。

代理母出産に関して、私は賛成でも反対でもないです。
ちょっと違いますが、『赤ちゃんポスト』にも賛成でも反対でもないです。

でも、選択肢は多い方がいいと思う。
いろんな人がいるのだから、いろんな道があって選べるといいと思う。
簡単に諦めないで、投げ出さないでいられる世の中だといいと思う。
そして、新しいこと・今まで誰もやってこなかったことに挑戦しそれを発表するという
時には、批判は必ず受けるものだと思うし、ご本人もそんなことは百も承知なの
だと思う。
(代理母出産は向井亜紀さんが初めてではないけれど、ここまでオープンにした
人は初めてなのでは。。。)

信念を貫き通す強さ、みたいなのが本から伝わってきて、なんとなく元気をもらい
ました。
前向きに、ってこういうことをいうんだなぁという感じ。

最近、不安の渦に巻き込まれちゃったり、体調がイマイチで気分もすっきり
しなかったのですが、この本のおかげで少し回復できた気がします。


今は時間がたっぷりあるので、たくさん本を読めたらいいなぁと思うのでした。。。
これも今のうちしかできないことの一つかな!?








ランキングを励みにしています。クリックよろしくお願いします。→にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ



スポンサーサイト
CATEGORY : 妊娠6ヶ月

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

pikora

Author:pikora
-----------
初めまして。
愛知県在住、今年ついに40代に突入の高齢ママです。
ひとり息子(チビ助)はこの春から幼稚園スタート!ドキドキハラハラの新生活が始まりました。
日々成長する息子に負けないように、前進あるのみ!

お気軽にコメントしてくださいね。



いくつになったの

*script by KT*



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



いつもお邪魔しているブログ♪

このブログをリンクに追加する



ご訪問感謝しています!



ご訪問感謝しています!

現在の閲覧者数:
無料カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールはこちらへ♪

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
Copyright © She is "HAPPY".~まいにちがたからもの~ All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふわふわ。り  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。